スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藪蕎麦(福岡県久留米市)

2014.12.20 (Sat)
yabu261220001.jpg
久しぶりにやってきた
鳥栖プレミアアムアウトレット
yabu261220002.jpg
目当ては靴
仕事用の革靴が草臥れきっているいるので、新調したい

実は靴にはこだわりがあり、仕事用の靴は「ホーキンズ」と決めている
鳥栖プレにはホーキンズの専門店があるので、ここ10年、大体ここで購入している

で、今回購入した靴
万が一に備え、先端に鉛を入れ、キックの威力を増しています(嘘)
yabu261220003.jpg
ホーキンズなら大牟田でも買えるが、わざわざ片道1時間以上をかけて鳥栖まで出てきたには理由がある
鳥栖プレでの買い物をさっさと済ませて、再び大牟田に向けて南下を開始

向かうのは途中の久留米市
おお!ここにあったゆめタウンがなくなって更地になってる!
yabu261220004.jpg
ここも人が入らなくなって、何をトチ狂ったのか、1階に朝鮮玉入れ、、、、あ、違った、パチンコ屋を入居させた
ほんと、パチ屋イラネ
→パチンコ違法化・大幅課税を求める議員と国民の会 代表世話人 東京都荒川区議会議員 小坂英二氏のブログ

で、今回の一番の目当て
藪蕎麦
で昼酒&昼飯

福岡勤務時代、晩秋になると休日は市内のお気に入りの蕎麦屋で昼酒&昼飯してたが、正直、大牟田ではそういう楽しみができる店が少ない

さらにここの店主NKNさんはFB友で頻繁に「いいね」を入れていただいている
いつも有難うございます NKNさん

さて、藪蕎麦は久留米市本町交差点から、変則五叉路を南南東に入る
yabu261220005.jpg
↑は篠山町、裁判所前から本町交差点に差し掛かる
大牟田方面への直進と西鉄久留米駅方面の左折の間に、斜めに入っていく道路
たまにしか来ない交差点だが、緊張する場所

それから約400メートル左
yabu261220006.jpg
大きな立体駐車場の隣なので分かりやすい

訪問は正午頃
入ると最初は左手にカウンター、右はテーブル席
yabu261220009.jpg
奥は座敷のようだ

そのカウンターも席の向こうが厨房というのではなく、壁の暖色系の間接照明でカクテルばーのような、オサレでオトナな雰囲気
yabu261220010.jpg
センスいいー!

メニュー
yabu261220011.jpg
yabu261220012.jpg
もちろん蕎麦が中心で、丼もの、アテ
日本酒もしっかり銘柄を表示してて、アテメニューと合わせて、酒好きの心をくすぐってくれる
yabu261220013.jpg
ちなみに、アテメニューの「小巻」は栗原小巻さんではありません
栗原小巻さん、、、若い人、知らんやろうねー
yabu261220014.jpg
かつては吉永小百合さんと人気を二分したといわれる女優さんです

さて、まず昼酒の部
酒はお気に入りの「八海山」
yabu261220015.jpg
そしてアテは「鴨つくね」
yabu261220016.jpg
鴨が葱を背負って来た のことわざ通り、3つのつくねの上に葱

まずひとつ頂く
yabu261220017.jpg
のっけから濃い味なのかと思えば、最初の印象は意外と淡白
しかしそのあと、じわじわっと鴨の良質な脂が口の中のありとあらゆる場所に広がる
きちっとミンチしているからこそ感じる粘り気感
鴨をおいしく味わえるのは、鴨鍋というが、手をかけて調理された鴨のつくねは、それに負けずとも劣らない
あー!冷酒に良く合う!!

続いて玉子焼き
yabu261220018.jpg
ありゃ!意外とデカイ!
これは酒がもっと要るぞ!
と2杯目3杯目を頂けるエクスキューズができた♪
ちなみに玉子焼きと称するが、実際は出汁巻き
蕎麦屋のアテの定番
結構甘みを利かせている玉子焼きも多いが、ここは甘みを抑えてありつつも、出汁を利かせている
yabu261220019.jpg
よく「甘い玉子焼き」について「有り得ない」とする否定派も要るが、これは甘い玉子焼き否定派の人もすんなり受け入れられるのではないだろうか?
あー!!冷酒に良く合う!!!

と、この2品のアテで八海山、3回も注文した
まだまだ気になるアテも少なくないが、これは次回の楽しみに取っておこう

そして、蕎麦屋で酒のあとは蕎麦で〆るのが定番
もちろん新蕎麦を楽しめる「せいろ」が王道
「寒い真冬にせいろ??」
と訝しがる九州人も少なくないが、新蕎麦の香りを存分に愉しむなら、「せいろ」以外の選択は有り得ない
蕎麦は斯様の如く深いのである

と、一人悦に浸りつつ「せいろ」
yabu261220007.jpg
見てください
この新蕎麦の素朴ながら凛とした佇まい
yabu261220020.jpg
この姿はどこか、世界が称える日本人あるいは武士道を極めた侍のようにも感じる

目でその姿を愉しんだ後、早速手繰ってみる
yabu261220008.jpg
,,,,,この喉越し
口からその奥へ、噛まずとも私の摂食器官と親和しながら、そして鼻腔に新蕎麦の香りを残しながら喉を爽やかに駆け抜けていく
旨い、さすが新蕎麦
NKNさんによると、北海道産の新蕎麦を丁寧に石臼で挽いたとのこと
わかります
新蕎麦食わずして、冬は来ません

で、美味しかったので2枚目を注文
yabu261220021.jpg
この時季の新蕎麦ならもう、何枚でもイケる

T美さんの「えび天丼」
yabu261220022.jpg
美味しいとの感想でしたが、新蕎麦が美味しい店で蕎麦アレルギーでもないのに蕎麦を食べない意味不明感

と、美味しいアテと美味しい蕎麦
そして美味しい酒
本当に最初から最後まで、日本の味覚を余すことなく堪能できたって感じです
ということで、NKNさん
年越し蕎麦も注文しますんで、お願いいたします

藪蕎麦
福岡県久留米市小頭町2−20 ‎
0942-34-6734 ‎ ·


今回購入した靴
yabu261220023.jpg
ホーキンズは重いけど前後バランスが良いので苦にならない
車で言えば、前輪と後輪の荷重50対50のFD3S型のRX-7って感じ?
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://lovenippon574.blog.fc2.com/tb.php/798-27d2519a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。